居酒屋Wisdom School Vol.11 in 泡貝 変わるもの・変わらないもの


ログインするとフルムービーでご覧いただけます。
(非ログイン時はダイジェスト再生)

平成を振り返り。新時代を生きる術を解く

おいしいお酒を味わいながら、生き方や経営術を語り合う人気講座「居酒屋ウィズダムスクール」。今回は、東京都千代田区外神田にある泡貝(アワセル)というお店からお送りしています。

店名の通り、泡=シャンパンを飲みながら、思考も口調も滑らかに、株式会社ルネッサンス・アイズの松尾一也氏と税理士法人 恒輝の榎本恵一氏が「変わるもの・変わらないもの」をテーマに展開。平成の時代を振り返り、変化したもの、しなかったものの事象から、新しい世の中を生き抜くにはどうしたら良いのか、考えます。


通勤電車の光景が一変。スマホに淘汰された現代

サラリーマンにとって重要な移動手段である電車の車内では、かつてスーツを着た男性が、几帳面に新聞を折りたたんで紙面を読む姿が多く見られました。出勤前の情報収集に、移動の間の時間つぶしに、駅のキヨスクなどで購入していたものです。

しかし、今ではどうでしょう。絶滅危惧種と言って良いほど、その様子は見られません。雑誌を読む人も少なくなりました。すべてはスマートフォンの登場により、変わってしまったのです。平成が始まった30年前には、まだ携帯電話もありませんでした。こんな世の中がやってくると想像できた人はどれだけいたでしょうか。

IoTがどんなものにも介在するようになり、通信は大きく変化しました。このように時代変化の潮流は、想像するよりも速く、激しいものです。自分の基礎をしっかり持ちながら、流されないためにはどうしたら良いのか、2人の語りからヒントが見つかります。


アウトプットを前提に。インプットを楽しむ

LGBTをはじめとしたダイバーシティが叫ばれる昨今ですが、2020年の東京オリンピックにむけて、その勢いはより一層加速するでしょう。

当たり前だったものがそうでなくなり、新常識が一般的になる。モノの見方、捉え方が変わりゆくなかで、大昔から変わらないものは、学び続けないと、時代に取り残されてしまうということです。わかったふりでは、自分の蓄えになりません。また、知識を自分だけの利にするのではなく、誰かに教えてあげるという気持ちでインプットをすることが、結果的に成長へとつながります。次世代を豊かに生きるために、あなたもグラスを傾けながら動画を受講してみてください。


講座詳細

教材構成
動画教材:収録時間 約30分
必須知識
特になし
担当講師

#

松尾 一也 (まつお かずや) 先生

■現 職
株式会社 ルネッサンス・アイズ代表取締役社長
NPO法人日本政策フロンティア理事
一般社団法人日本プロトコール&マナーズ協会専務理事

■経 歴
1961年 東京品川区生まれ
1984年 富士通(株)入社
1987年 ルネッサンス・アイズ(株)設立
2000年 ミニ・スクール 「Coco-de-sica」校長就任
2004年 NPO法人日本政策フロンティア理事就任
2017年 創業30周年を迎える。

大学時代より安岡正篤、中村天風の哲学セミナーを受講、あわせて世界各地を旅して「人間学」に目覚める。 富士通を退社後、竹村健一氏、岸見一郎氏、本田健氏など文化人、財界人の講演会を企画開催し、現在では850名に及ぶ講師陣ネットワークを築く。 26歳で起業し、一貫して「人間学の探求」をライフワークにした、「学びをプログラムさせる」専門家。 シアトル ワシントン大学(UW)でワールドクラスのリーダーシップ論を学び、一流の人物たちから薫陶を受けた英知をもとに「人づくり」に専心している。 聞く人それぞれの価値観を大切にしながら、人間力(成長、幸福、出逢い、繁栄) の要諦をわかりやすく解説。 企業や官公庁にはリーダーシップ、モチベーション、コミュニケーションなど「人と組織の成長」にフォーカスして、年間100講演、ここ10年で1.000回を目標にしている。 週刊「東洋経済」“本誌が選んだ50選”講演者リストに選ばれる。 現在、次世代リーダー育成プラットフォーム「Nexting」を全国展開中。

■主な講演テーマ例
「次世代リーダー育成と人間力」「人財育成と自律型リーダーシップ」「心のスイッチの入れ方」「出逢い力を磨く~善循環マネジメントのコツ~」「人と組織の成長」など

■主な著書
「出逢い力ーあなたに逢えてよかったと言われる人生」(明日香出版社)
『トップリーダーが実践している 奇跡の人間育成』(きずな出版)
新著 『50代から実る人・枯れる人』(海竜社)

株式会社ルネッサンス・アイズ
URL:http://www.renaissance-eyes.com/