脳のメカニズム~習慣の法則~後半


ログインするとフルムービーでご覧いただけます。
(非ログイン時はダイジェスト再生)

脳のメカニズムを知って成功への道を拓こう

目標達成のメソッドについて考える講座「脳のメカニズム~習慣の法則~」2部構成の後半です。前回は、横山信治先生の礎ともなった経験談を紹介しましたが、いよいよ今回は、目標を達成するためにはどうしたら良いのか。そのための日々の習慣をいかに身につけるかについて解説していきます。この講座ではテキストもご用意していますので、動画と照らし合わせながら、より理解を深めましょう。

横山先生は、仕事で心身を病み、一念発起して転職活動することにしました。転職すると年収が半分以下になるのが当たり前とされていた時代。実際、あまり知られていない企業の年収400万円ほどの求人に応募が殺到し、高倍率になっていたそうです。

年収アップを目標に転職を決めた横山先生は、ハローワークや求人誌でも、条件に合う仕事がなく、途方にくれていました。しかし、あるとき高収入を保証する有名企業の求人を見つけ、見事、転職を成功させます。さぞかし高倍率だと思われた採用試験ですが、蓋を開けてみれば、志願者はたったの7人でした。400万円の求人には応募が殺到していたのに、どうしてでしょうか。実は、そこに脳のメカニズムが働いていたのです。

3日坊主には理由がある。脳を上手に使うコツとは

毎日ジョギングする、寝る前に本を読む、と決めたはずなのに、忙しいから、疲れたからと理由をつけてやめてしまった経験はありませんか?なにかを始めようと思っても、すぐ3日坊主になってしまう自分に悩んでいる人もいるかもしれませんね。しかし、落ち込む必要はありません。なぜなら、私たちの脳が3日坊主になるように出来ているからです。

人間の祖先は長い間、狩猟をして生活をしてきました。危険が伴う狩りの場面では、いつもと違うことをすると、死に至る可能性が高くなります。つまり、生命を守るために「昨日と同じことをしましょう」というDNAが脳に植え付けられているのです。

では、新しい事柄を習慣にするにはどうしたら良いのでしょうか。横山先生は、脳の働きを逆手に取った方法を紹介しています。上手に自分の脳をコントロールすれば、目標に向けた習慣が身につきます。脳のメカニズムを理解して、成功への道を拓きましょう。

講座詳細

教材構成
動画教材:収録時間 約38分
必須知識
特になし
担当講師

#

横山 信治(よこやま のぶはる) 先生

株式会社 オフィス・フォー・ユー 代表取締役

1982年 日本信販(株)(現三菱東京UFJニコス)入社
営業成績全国最下位のダメ営業マンから、全国No1営業マンへ。 2001年2月 ソフトバンクファイナンスに転職し、日本初のモーゲージバンク、SBIモーゲージ(株)設立。
当初4人でスタートした会社を、従業員250名、店舗数191店舗の上場会社へ成長させる。
東証1部上場の金融グループにて役員、社長を経て独立。
これまで2万人以上のビジネスパーソンと接し、3000人以上の採用面接に立ち会い、延べ1000人の部下を指導した経験を持つ「上司のプロ」。多くのビジネスパーソンが気付いていない、仕事のコツを伝えるため、講演、執筆活動を行う。

【著書】
・「仕事に幸せを感じる働き方」(あさ出版)
・『入社1年目から使える「評価される」技術』
・「リーダーの基本」(かんき出版)
・「上位20%に入れる人だけが一生成功する」(大和書房)
・「今は苦しくても、きっとうまくいく」(PHP研究所)
・「やる気の伝え方」(徳間書店)
・「100言ってもできないダメ部下を動かす上司の言葉」
 (KADOKAWZ/中経出版)